メインコンテンツへ


よくある質問 -黒豆の成分-

TOP > よくある質問 > 黒豆の成分について

黒豆の成分について

ポリフェノールとはなんですか?

ポリフェノールは、植物が光合成でつくる糖分の一部が変化したもの。黒豆のポイリフェノールは特有の黒い色素(アントシアニン)で、ブルーベリーに含まれていることでも有名な栄養素です。ポリフェノールは健やかな毎日にさまざまな働きがあると言われる、今話題です。

ページTOPへ↑

シアニジン-3-グルコシドとはなんですか?

アントシアニンの中でも黒豆種皮の90%以上を占める成分で、クッキリした瞳をサポートします。他にもダイエットに優れた働きがあると言われています。

ページTOPへ↑

大豆イソフラボンとはなんですか?

大豆胚芽に特に多く含まれる栄養成分で、元気の維持、美容のサポートなどに効果があると言われています。

ページTOPへ↑

大豆サポニンとはなんですか?

大豆の胚軸に多く含まれており、大豆の渋みや苦味の主成分となります。抗酸化作用に優れた栄養素で、元気をサポートしたり、ダイエットに役立つと言われ、非常に注目を浴びています。

ページTOPへ↑

α-リノレン酸とはなんですか?

エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、クルミ、アマ、サルビア、アサなどに多く含まれ、多くの植物油で見られます。栄養学的には、わたしたちにとって摂取することが必須の栄養素である必須脂肪酸の一種です。

ページTOPへ↑

レシチンとはなんですか?

「レシチン」という名前は、ギリシャ語で、卵黄を意味する「レシトース」(Lekithos)からでた言葉で、脂質の一種です。 レシチンは、必要な栄養分を吸収し、不要な物質を排泄する役目をしている大切なものです。レシチンを多く含む食べ物には卵黄、大豆製品、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、ウナギなどがあげられます。

ページTOPへ↑

よくある質問トップへ

メールでのお問い合わせはこちら

注文票をダウンロード